Loading

ブログ

AO入試・指定校推薦で合格しても、勉強を辞めてはいけない!!

この時期になると、指定校推薦やAO入試などで、来年度の進路が確定する高3生も出てきます。

大学に受かったから、もう勉強しなくていい。

そんな甘いことはありません。

 

通例ですが、各大学から、入学時までに多くの課題・宿題が出されます。

特に、私立大学の工学部の中には、

推薦入試で合格した学生と、一般入試で合格した学生の学力格差を補うために、数学と物理の課題を出。

実は、この課題とは、工業・商業・総合学科高校では扱わない、数学B・III・C、化学II、物理IIを含みます。

(これらは普通科進学校で2~3年生で学習する最も難しい内容です)。

 

おそらく、大学側から送付される課題だけを読んで、独学で対応することは厳しいでしょう。

 

また、大学入学後は、理系学部であれば、すべての学生が、数学・理科の基礎理論は知っているものとして、授業を始められるため、

推薦入試の学生には、すぐ落伍者になり、勉強について行けず、留年・自主退学となる者がいることは知っておくべき事実です。

 

「4月まで遊べるぞ!!」という、慢心は禁物です。

入学後のことを見据え、継続して勉強を続けることが死活問題になります。

 

是非、桔梗会の先生から多くのことを学んでいってほしいです。

大学からの課題が、独力では何ともならないと感じる方、

ぜひ、桔梗会で、個別授業コースをとり、

先生と一緒に、大学からの課題に取り組み、

大学進学への自信とモチベーションを高めて下さい。

 

http://kikyokai.net/?page_id=142

関連記事

  1. 新年度 高2・高3生 1週間 ワンコイン授業体験 受付中!! 
  2. 桔梗会web→facebookページ 投稿連携テスト
  3. 自習室ブース4機 拡充しました
  4. 入学式までの大量の宿題、自力で全部終えられるのか??
  5. 自分に与えられた環境の元で、最大限のパフォーマンスを出す
  6. 受験の格言 「数IIIは裏切らない」
  7. 連載コラム もはや「ゆとり」ではない 第1回 来年度から負担増!…
  8. 連休課題テスト・マーク模試を突破せよ
PAGE TOP